Another note

2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月

砂埃と花






ふと人に
相談しても
頭で解せない
ジャンルの話
自分の弱さが
みえる
この小さな町は
懐事情でさえ
公開している
様な
希望と
引き換えに
捨ててきたもの
とは


風が強いせいで

鮮やかな景色と

裏腹に

脳が花粉で

侵されてゆく






白いブラウスの
女は
賢く見えるけど
仕事でしょう
ついでに
愛想もいいね
でも
あなたに頼る
私は何一つ
持っていない
女です
季節の花は
誰にでも優しい
のかな


目が痛いせいで

景色も歪むけど

この花は

毎年 強く

咲き誇っている









スポンサーサイト

すすむすすむ







ふたり
居れば
何か
相互作用が
あって
うまれる
空気も
あるでしょう
手付かずにいた
大きな
荷物の
片づけも
すすむ
すすむ
僕は今日
世界で
いちばん
美味しい
おかしを
食べた





ふたり
旅を
しても
違う景色を
みてる
だから日記が
新鮮で
小さな車輪の
自転車に
乗り
ゆっくりと
すすむ
すすむ
知らず知らず
同じ
ガラスを
磨いて
きれいねと
云う





20180424184731.jpg









































カレンダーの無い部屋で暮らしてる









70年代の
レゲエが流れる
チェーン店
さえない暮らしに
鮮やかな
音が
何かを抱えてる
毎日なら
私は
カレンダーを
破る

夢の後先と
つぶやいて
みても
知るもんか




10年前なら
きっと
恋に落ちる
キラーチューン
モノクロの椅子に
カラフルな
pic
雑音が多い
毎日なら
1人の時こそ
好きな音を

カレンダーの
無い部屋で
暮らしてる
お茶淹れよう








20180417212249.jpg










timeless






また節目の
月がやってきた
誰もかも
何もかも
移ろぐ変化は
寂しいだろうか?
変化したと
思っていても
「自分の立ち位置が
変わっただけと
いう場合がある」
と言うAさん
街を
駆け抜けて
きた人は
かっこいいな




このピアスも
色が変わるけど
物は皆
変化する
歴史を刻んで
時を告げてゆく
とどまる事が
愛しくても
自分の感じ方
さえ
質が変わり
光もやがて
角度の差が出る
いつもの事
だけど
今の
景色を
楽しもう








20180403204207.jpg




引き出し






人間の本質を
教えてくれる
気がする
何が彼を
彼は何を
持っているのだろう
何も持って
いないから
生みだせる
のだろうか
心の邪念とか
そういうものって
意味だけど

簡単な言葉で
優しい言葉で
語りかけて
くれる




あらゆる記憶の
波が
押し寄せては
ひいていき
彼のことば
ことばの海
この国の我々は
そこで泳ぎ
息継ぎし
自然と笑っている
必要な
心の成長も
促されてゆく

謙虚な言葉で
崇高な言葉で
紡ぎだして
くれる
から






20180307162652.jpg









jk






一見
ボブだけど
中を
刈上げてる
こと
知らなかった
知らなかった
2ヶ月も
知らなかった

利便性が
多様化
していて
どうでも
いいことに
こだわって
何に時間を
かけてるの?
大切さを
考えようとも
しない
文化は
全て
自分が中心




一見
普通だけど
皮を被った
モンスター
必要なのは
モラル
でしょう
それとも
親の愛か

そういう
年頃だと
自ら割り切る
図太さも
理解不能
選択肢は
無数なのに
いつから
この星に
現れたんだろう
いつから
ここに
居たんだjk













瞬き









小さなまちの
中も
道は
無数にあって
私は散歩に
困らない

不思議な
循環
風も
歴史も全て
知らない
国境を
超えて
一年は
伝わらずに

小さなまちと
遠くの外国
だから
どちらも
見たくなる




いつも近所で
会う犬
場所は
決まっていない
おとなしそうで
賢そうだ

遠くで
見ている
犬は
私のことを
知らない
おだやかに
今日も
まばたき
ほとんどせず

境界線に
風吹く
街並み
歩幅
緩めて
スクエアを







20180207194106.jpg











 

half a year






まだ
慣れきれぬ
この町のバスを
乗り継ぎ
リニューアルした
建物内へ
入口が
わからないまま

半年前から
予約を
入れさせられたが
隅の部屋は
何故だか
孤独で

そんなこんなで
まだ
そんなこんなで
人生は
進まない
進んでる?
まだこの眼鏡
まだこの眼鏡
案外
頑丈で度は
度外視で




この
半年に一つの
仕事を始めて
終わりを告げる
二つ季節を
飛び越えて
また年をとる

誰もいない
待合室
スタッフも消えた
奥で待てと
指示される
いつまで?

見知った顔がいる
見知った顔だ
この人は
一度だけ
会っている
まだ此処にいる
まだ此処にいる
あなたは
リニューアル後も
此処にいる














New year






買い物する気は
無かったけれど
初売りって
コトバに誘われて
彷徨う

なぜか加わる
空間
どうしてモノを
物色するのか
大体
息苦しくなる
マスクしてるし

楽しいことが
起こりそうな
New year
良からぬことも
起こりそうな
New year
おみくじの
結果で
少し笑う
何が出ても
少し
笑っただろう




それぞれの歩幅
横断歩道
砂利道で
走る人は
いないんじゃない

タイムフリーの
新年
家でごろごろ
テレビも飽きたし
でも仕事のシフトは
見たくない
決して

波に乗るのは
やめときたい
New year
助け舟には
乗ってみたい
New year
嘘がバレた
時の顔で
笑う
何事にも
気軽さが
必要だ








new year's eve







皆が皆
年を重ねる
「年末感無し」
という感情にも
何の焦りも
無くなった
いつも
メンテナンスは
必要だけれど


暮れる夕陽が
今年最後の

そして明日は
新しい光が
待っている
のだろう
何も変わらなく
みえていても
誰にでも
新しい年を
迎えられるのだ




皆が皆
一人で来てる
ドトール敵無し
という風景にも
あたたかい
ラジオがあるよ
だから
居心地がいい
詩を書いてもいい


何もかもを
諦めてる頭で
ひとつ希望を
見出せると
すれば
去年よりも
浮かぶ
軽い心を
持ち合わせる
晴れの日に
断ち切る事を
私は
厭わない