Another note

2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOPスポンサー広告 ≫ kettleTOPleaf ≫ kettle

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

kettle







小さな庭の傍で
いただく一杯が
とても不思議に
作用して
アイコンタクトを
した人を
思い出す
ミシンのテーブルに
向かう私は
ガラス越しの光に
攻撃されて
でも動けずにいる
ふわりとした
心地で
ガラスのフレーム
つるり
やけに大きな
シュガーポットも
陽の方向を
向いている
葉っぱたちが
たくましく見えて
頼りたいって
思うほどだ





お昼の早い時間は
窓際に座らない
ほうがいいな
暑過ぎて
前髪を切った
日は特に
熱が舞う
さっきまで見えてた
幻影の様な
おそらく現実の
人物たちは
今どうしているか
悪い日ばかりじゃ
ない
人に優しさを返せる
様な人に
なれればいいのに
クローバーや
たんぽぽって
雑草なんだろうか
とか
自分の判断で
いいよね








IMG_0952.jpg






スポンサーサイト

Comment


Comment Form













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。